よくあるご質問

よくある質問

このサイトは、よくある問い合わせ内容や予想される質問についての回答を掲載しております。

クラスについて

Q: わたしは全くの初心者ですが、入学できますか。

はい、クラスは全くの初心者から上級クラスまでを用意しております。けれども、来日前に「ひらがな」「カタカナ」の読み書きができるように学習しておくことをお勧めいたします。毎日一時間程度の学習で二・三週間でマスターできます。HIRAGANA and KATAKANA.

Q:わたしは会話の勉強だけをしたいのですが?

残念ですが、ヨシダ日本語学院では、会話だけでなく、読み書きなどすべての授業があります。

Q:クラスの定員は何名ですか?

すべてのクラスは18名以下です。平均は14名程度です。

Q:教師はどんな方ですか?

すべての教師は大学で日本語教授法を学んでいるか日本教師のライセンスを持っています。

Q:ヨシダの学生の国籍を教えてください?

kokuseki

いろいろな国籍の学生が学んでいます。ベトナム(16), スウェーデン(12), USA(11), モンゴル(10), イタリア (9), スリランカ(6), 中国(3), スペイン(4), フランス(4), ネパール(4), ドイツ(2), 英国(2), カナダ(2), ブラジル, オランダ, ベルギー, オーストラリア, メキシコ, ノルウェー, フィンランド, ロシア, インドネシア, シンガポール, 台湾, タイ, マレイシア, その他 (-percent-)(Feb. 2017)

Q:授業は英語で教えますか?

ヨシダの教授法は直説法ですので、経験豊かな教師が日本語を日本語で教えています。授業中は日本語以外の言語の使用は禁止しております。けれども、授業以外の必要事項については、英語でサポートしております。

Q:教材は、日本語だけで書かれていますか?

初級及び中級では、日本語以外に各国言語の文法説明書があります。- 英語, フランス語, ドイツ語, ロシア語, タイ語, ポルトガル語, その他。クラスの説明 ページをご覧ください。

進学について

Q:日本の大学に進学するためには必要な試験は?

日本の大学に進学するためには、留学試験を受験する必要があります。詳細は 試験対策ページを参照してください。

Q:日本の大学に進学したいのですが?

年に数回日本の大学や専門学校の担当者が来校して、それぞれの大学についての説明会を催しています。また、進学についての個別相談も常時実施しております。

Q:私の国では高校を卒業しても11年間の学習期間しかありませんが、日本の大学に進学できますか?

日本の大学によっては、進学できる大学もあります。

ビザ

Q:いつでも留学ビザを申請できますか?

いつでも申請することはできません。年4回の申請ができます。長期(留学)コースを参照してください。

Q:在留資格認定証明書とはなんですか?

日本で勉強を希望する場合は、最初に在留資格認定証明書を取得しなければなりません。この証明書は法務省(入国管理局)から交付されます。直接申請者が申し込むことができないので、ヨシダ日本語学院があなたの代わりに入国管理局に申請します。その証明書を持って最寄りの大使館で学生ビザの申請をします。国籍によって異なりますが、2日程度で学生ビザが交付されます。

Q:ワーキングホリデービザ?

次の国の方は特別活動許可(WH)を取得できます。オーストラリア, カナダ, 英国, フランス, 韓国, ニュージーランド, ノルウェー, デンマーク, ポルトガル, ポーランド, 台湾, 香港などの国籍の方で18歳以上30歳以下の方。 詳細はlocal Japanese Embassy or Consulateをご覧ください。

Q:わたしはスイス人ですが、六ヵ月間だけ短期滞在ビザで日本語学習ができますか?

S英国, アイルランド, スイス, ドイツ, オーストリア, メキシコおよびリヒテンシュタインの方は短期滞在ビザで六ヵ月日本に続けて滞在することが可能です。入国されたときに90日間の短期ビザが交付され、後日最寄りの入国管理局で90日間の延長をすることができますが、資格外活動をすることはできません。

Q:わたしはスウェーデン人で二年間の日本語学習を希望していますが、学生ビザを申請するときに保証人(経費支弁者)が必要ですか。?

保証人(経費支弁者)は必要ではありません。 ほとんどの申請者はCSNローンを使用することができます。 CSN är den myndighet som administrerar det svenska studiestödet, det vill säga lån och bidrag för studier.

Q:わたしはタイ人ですが、留学ビザを申請するための必要書類を教えてください

タイはOECD諸国ではありませんが、必要書類は学歴、年齢、経費支弁者によって異なります。申請を希望される場合は、事前にお問い合せページよりご連絡ください。

Q:わたしの出席や成績が悪い場合、どうなりましか?

出席が 80%以下だったり成績が悪い場合は進級することができません。また、日本での進学も難しくなります。

Q:わたしは就労ビザを持っていますが、学生ビザに変更できますか?

はい、変更できます。詳しくはお問い合わせください。

Q:学生ビザの申請に年齢制限はありますか?

年齢制限はありませんが、詳細な就学理由と場合によっては追加書類が必要です。

Q:OECD 諸国とは?

OECD諸国とはEU 諸国, ノルウェー, ポーランド, ハンガリー, 韓国, カナダ, U.S.A, メキシコ, オーストラリア, ニュージーランド, チェコ, スロバキア, スイス, 中国 (台湾, 香港)などの国です。

日本の生活

Q:通学定期について?

地下鉄やJRの通学定期は認められていませんが、都営地下鉄、バス、都電などの通学定期は認められています。申請されれる場合は事務所で許可書を発行しています。

Q:日本で銀行口座を開設したいのですが?

inkan

口座を開設することができます。多くの銀行では印鑑が必要となりますので、事前に用意しておくことをお勧めいたします。在留カードと学生証などが必要です。

設備

Q:学校のコンピュータを使用できますか?

はい、学生用のコンピュータを使用することができます。

Q:学校で自分のコンピューター(スマートフォンを含む)を使用できますか?

はい、無料でインターネット(WiFi)に接続することができます。



留学生の特典

留学希望者は入学金の免除(特典)がありますので、まずこのサイトをチェックしてください。

プロモーションビデオ