国民健康保険と学生保険

国民健康保険

留学ビザで来日しましたら、まず最寄の区役所または市役所で、在留カードを持っていき、住所登録と同時に国民健康保険に加入してください。この保険は、あなたが病気や怪我をした時に病院でかかる費用の70パーセントをカバーします。ですから、あなたは30パーセントの負担ですみます。この保険料は、あなたが住む地域 (区・市)によって異なりますが、年間15,000円程度です。国民健康保険カードは後日あなたの住所へ送られてきます。
日本での医療費は高額ですので、安心して生活するためにも必ず加入してください。 そして、普段から病気の予防や交通事故に注意して、快適な学生生活を心がけてください。

カードの返納

下記の場合は、国民健康保険証を返納しなければなりません。

  1. あなたがたの他の市区町村に引っ越しをするとき
  2. 帰国または離日するとき


学生保険

留学ビザを所持している学生は、来日時よりこの保険に加入しています。 この保険は、学院内はもちろん学院外での怪我や自転車での事故などによって、発生する 医療費及び賠償費を負担します。この保険は、ヨシダに在学している期間有効です/a>


保証内容 (学生ビザの所持者)
Ⅰ 後遺障害・死亡 ¥2,000,000
Ⅱ 個人賠償責任補償 ¥30,000,000
Ⅲ 傷害・疾病治療費 ¥100,000
Ⅳ 救援者費用 ¥1,000,000

銀行口座の開設

あなたが銀行の口座を持っている場合は、光熱費、電話代などを自分の銀行口座から自動的に引き落としできるようになります。また、アルバイトの給与をあなたの口座に送金してもらうこともできますし、両親等からの生活費や学費を簡単に送金してもらうこともできます。口座を開設するには、少なくとも6ヶ月間日本に居住している必要があります。(外国為替外国貿易法) ただし、ゆうちょ銀行のみが口座を開設できますが、口座開設後6ヶ月間は海外送金には使用できません。

口座開設に必要なもの


  1. 在留カード(滞在期間は一年以上です)を持参することと連絡先の電話番号が必要です。
  2. 在留カード(カードに記載されている住所が現在の住所であるかどうかを確認してください。)
  3. カタカナであなたの名前が書けること。
  4. 四ケタの暗証番号(銀行へ行く前に決める)
  5. 後日キャッシュカードは、あなたの住所に送られてきます。
  6. 印鑑は、ゆうちょ銀行、銀行などで銀行口座を開設するのに必要です。
  7. あなたが印鑑を作りたい場合は、我々に尋ねてください。 ひらがな、カタカナ、漢字の名前が刻印された印鑑でOKです。 約2,700円かかります。

携帯電とスマートフォン

東京にはいくつかの通信会社があります。それらを手に入れるためには、銀行口座が必要です。必要書類は、預金通帳、在留カード、パスポートなどです。20歳未満の場合は、保証人が必要となりますので、注意してください。詳細な情報については、直接下記会社にお問い合わせください。

  1. au(KDD) : AU(KDD)
  2. SoftBank : Softbank / Shops with English-speaking staff
  3. DOCOMO : docome / by phone( in English, Portuguese, Chinese, and Spanish)

SIM Card(Subscriber Identity Module Card)

  1.  Mobal         :  mobal.com    –Easy to contract (Recommendation)
  2.  Soft Bank   :  Softbank
  3.  DOCOMO  :  docome


留学生の特典

留学希望者は入学金の免除(特典)がありますので、まずこのサイトをチェックしてください。

プロモーションビデオ